夏バテ防止に鰻を食べる風習は古く、『万葉集』まで遡ります。
現在の形で食べられるようになったのは江戸時代で、その地方独自の食文化によって様々な料理が発達しました。
まだまだ知らない「鰻」の世界に足を踏み入れてみませんか。